昨日寝床でムニャムニャ考えているうちに、最近えらく苦労している理由が分かってきた気がする。結論言ってしまうと、自分の頭で考えようとしているからだ。世の中には多くの型があって、それに当てはめて行動していれば8割くらいのことはうまく行くというのに、おれは頭が良くなった気分になって、全部自分の課題として解決しようとしているので、考えきれなくなって、飽きてしまって、スタックしてしまうのだ。横道だけど、手触りがなくなったものにトコトン愛着を持たなくなる傾向がおれにはあるようだ。おれはもともと、前例のあることをそのとおりにこなすのは得意でも、イチから何かをやっていくのは、人間界においては苦手なので、そこにミスマッチが生じていたというわけだ。や、知ってることはわかるんですよ。わからんことはわからんのだ。わかるようになるまで時間がかかるのだ。友達がいないから現実をしらないのだ……。

おれたちが生きている今日のことを誰も覚えていないのに生きているのは不思議なことだ。寝るためのルーチンを確立できていないので、酒を飲まないとこんな時間まで起きていることになる。けど気候もよくて気分は悪くない。スマホIMEの感触も今日はいいみたいだ。感触がある。身体技能。身体技能を会得する機会がもうないのだよ。ヨホホ……。

ビールを2本飲んだだけで翌朝死にそうになっている。冷蔵庫で冷やすビールの数を1本に制限したほうがいいのかもしれない。冷えたビールしか飲めないヤワじゃないけどな……。

まだ観てないんだけどミッドナイト・ゴスペルの2話ゲストがアン・ラモットという名で、これ一話だけ観たけど会話は実際のゲストとやってるらしいのね、一話観たあとに知ったんだけど。見覚えがあるなあと思ったら Bird by Bird の人だ。そもそもカタカナのアン・ラモットで検索すると邦訳版がある。キン(ドルアン)リミ(テッド)入ってるので軽く目を通してみたけど、なんかへんに話し言葉っぽくて、だいぶ感じが違うなあ。

酒を飲まずに寝たら久しぶりに夢を見た。また移動に関する夢。明日東京に出張しなければならない。が、なぜか今夜のホテルをこちらに取っている。用事は朝からあるので、できれば今日のうちに移動しておけると都合がいいのだけど、もう予約しているので金が無駄になってしまう。悩んだ末誰かに相談して、その日はこちらのホテルで寝ることにする。あるフロアを拠点にしていて、近くにいた同僚にこの階に夕飯を取れるところがあるか訊くが、地図を見たところほとんどが呉服屋とかそういった類の店で、ひとつだけ違うのは駄菓子屋だった。駄菓子を夕飯にするわけにもいかないが、その後どうしたかはわからない。

ラストゲーム 1 (花とゆめコミックス)

ラストゲーム 1 (花とゆめコミックス)

★★★★! アプリでまた無料で読んでしまったわけだけど、こんなに無料に慣らされちゃってイイのかな? と思う由。11巻かけてようやく結ばれる恋よ。とにかく柳くん頑張れ。天乃忍って作者はもっとたくさん描いてるのかと思いきやこれが代表作みたいだ。ぐおー(もっと読みたい)。新作のおまけにこれのエピソードが載ってるらしいので買うか……買うか……となってる。

――10年前

突然オレの前に現れて

オレの何もかもを壊していった女

え――

九条がショートパンツ!?

しかもオレの好きなみつあみ!?

オレのため!?

とにかく終わりを考える。というのが人ひとりの手に負えない問題に取り組むときには重要なのだとようやく今日気づいた。と書いてて、これはAmazonのworking backwardsなんやな。

ゼノブレ2のセーブデータ持ってたボーナスで金たくさんもらったので早速水着買ってフィオルンのケツ見てた。これがリアル。