俺は反省しなけりゃいけないんだ

―何人も到達したことのない超反省を目指して―