泣かなきゃいけないほどの喪失感をこの先の足掛かりとする。無能な人間っていうのはこのように、何かを犠牲にしなければ新しいことに向かおうという風にならない。