詩や文章など書かれたものの例えばたった二文字だけが心を打つような場合に、そのさまを他人に告げる方法はなくて、ただ心の裡にしまっておいて今度自分が書くときに真似して再生産するくらいしかない。雰囲気ってのはいつもそうかもね