おれがキーボードを叩くのは常に抵抗であったのか