おれはあいつが憎い。(「あいつ」には誰でも入りうるし一週間後にはこの時点での「あいつ」が誰だったのかも思い出せないだろう)