子供や青少年を酔わせて本音を語らせるみたいな話の持っていき方は、ここ一番の場面では何だか惜しいという気がするなあ。俺が少女に何を求めているのかはよく分からん。