読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椅子を並べて試験勉強をしていて、右隣の男が何か質問することに、左隣の女の子が笑っていた。彼女から借りた教科書を読んで、「ア・プリオリ」とは、「ア」つまり自分自身、「プリオリ」つまり世界と規範、だということを知った。