どうでもいいはずのことで異常にクヨクヨするくせに少し事態が大きくなった途端気に悩まなくなるのは自分がハンドルできる(た)と思う問題のサイズに依るんだろうか。と考えながらクヨクヨしている。