あー結局現実が枷になる、甘美でもない劣等感