いまかかえる精神の問題のメカニズムはすべて把握しているがこれを解消しようとすると感情に影響があるので進むに進めず退くに退けずで詩も書けない風になっているのだ。想像には手綱を取りつけなければならない。