君にとってどうでもいい計画を延々と語る俺であった