もはや(いやはじめから)コンプレックスというよりただのしみになった劣等感・無能感である