たのしみはやはり自分だけのもので、自分で作り出さなければならない。