誰からも何も頼まれない俺はしかしそのことにも慣れてしまいゆるやかに硬直していく心なのかは。