明らかにいま会社に行きたくないしソシャゲをやりたい(ほどに心が弱まっている)のだが習慣惰性の力は大したものでともあれ自分をパッケージ化して勤務地へと運んでいる。