軽量マークアップ同士の戦いがあって、なぜかおれははてな記法の庇護者だった。