読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い夢だったので忘れる前に簡潔に

- 小さい子供をマッサージしていたら肛門から腸をはじめ内臓が出てきていた。押し戻すが戻らない。本人も周囲もけろっとしている

椅子大の大きさの人を殺すロボットが合宿中の建物に大量に侵入してきて、生き残ったものの多くが図書館に逃げ込んでいる。準備を整えて大群を迎え撃つと、黒い塊となったその先頭は人間の顔と身体をし、人の言葉を話している。しかし話してみると本当は人間ではない、ただそういうインタフェースである