不用意な言葉が、代替世界という枝を一本また一本とつけ加えてゆく。それは全体的にはなんの役にも立たないのさ。そうした枝が長持ちすることもあまりない。

p325、スクレイリングの樹