ええい

「俺なんて駄目だダメ人間だ、こうなったら墜ちるところまで墜ちてやる」と思うことは多々あれど、人生がそう甘いはずもなくいつしか自信を取り戻し真っ当に生きられそうな気がしてきてしまうものである。