誰にとってもおれが特別でなかったとしても、おれにとって特別な人にはそれぞれ特別な人がいるならそれでも幸せだ。(想像できる余地があるならね)