朝靄ずっと見ていないのが何かの罪であるかのように感じる。