酒はいわば気分の前借りであって、あの就寝前のもう一口、台所の料理酒を少しずつ口に含むころにはもう首が回らなくなっていることに気がつかない訳じゃないっていうのに。