なめらかな社会とその敵

なめらかな社会とその敵

★★★★。コンピュータとインターネットによっていかに社会を変革しうるか、いや、そのプロセスは描いていないのでどうありうるか、を野心的に考えた本。2013年。もっと古いと思ってた。

問題意識がいまいち了解できていない。 まあ最初に書いてあるとおり、「この複雑な世界を、複雑なまま生きる」ということなんだけど、そのラショネイルがよくわからんということなのだよね。個人や主体というものに責任が負わされる、ということをことさらに問題視しているように見えはするのだけど、そこが深堀りされることはないので、筆者の心の中には論があるのだろうと想像するほかない。気持ちの本だと思う。

複雑な世界を理解するために、生命は膜、核という寄稿を獲得した。個人とか国家とかいう今あるものも、その自然な延長だ。だがその離散的な理解をアップデートし、(個人よりさらに細かい単位の)分人からグローバルまで、連続的(なめらか)につながったものとして理解できないか、という試み。いわば PageRank 的な影響度の算出過程によって、既存の貨幣であったり民主主義であったりをなめらかにしようとする。そこに数理的なバックグラウンドを与えようとしているのはいいよね。これこそブロックチェーン的な技術を適用しようと考えるのに適した題材だと思うんだけど、うーん、PoC 的なのあったりするんだろうか?(自分でやる気はない)

ネットに感じてた希望のようなものをわずかに思い出せた気がしたのはよかったけれど、あとがき読んでたらなんだか辛くなってしまった。ハイソなひとびとが集う場というのがあるのだろう。そこにおれは招待されないのだろうと。

★★★★。頭身高いキャラデザには居心地の悪さを感じつづけているものの、ひまわりちゃんかわいい。

★★★★。すげーおもしろいかどうかでいうと、微妙なラインで、五等分の〜よりはいい。いや、しかし、ひまわりちゃんかわいい。わかっていたよ。いいので+★なのです。

★★★。面白いのかこれ?造形は整ってるが、キャラクターとしてのかわいさポイントがいまいちピンとこない。

青い脂

青い脂

★★★。まあ何かしらの迫力はあるんだけど、どう楽しんだらいいのかわからなかったなー。どういう知的背景を持ってたら喜べるのかもよくわからん。クローン文学者のコピー文学も、なんかよく分かんなくて飛ばしたのあったし……。「よく分からん」に尽きるな。おれの限界だろう。

今日は空港の夢を見て、かつ乗り継ぎに失敗する夢じゃなかったので覚えておこう、と夜中に思ったところまでは覚えている……。会合に出席し、解散したときに、要人から借りっぱなしだったものを返す前にそいつらが帰ってしまっていて、郵送しろというがそれが面倒なんだから返すまでいろよと思った。