夜中に知らない会社のビルに忍びこむ。ホリエモンの香りがしたからライブドアではないかと思う。数人の仲間らしき、ただそんなに仲よしではなくおれからは距離感のある人々と、イベントやゲームをすることになっている。集まった部屋にはテレビがあって、点けるとLinuxの偉い人(リーナスではない)が講演しているのが聞こえる。曰く、Linuxは現在にいたるまで成長を続け……、いま自動はほとんど自動運転であるが、それらに搭載されているのはほぼLinuxである。それでテレビは、Linux自動車に侵入して車載カメラからの映像をブロードキャストしている。そこには列車の客室があって……、両手両足を縛られた男とふたりの男が映っている。とらわれの男が反撃するか、為すすべもなく殺されてしまうのか、どちらにしろ残虐シーンは避けられそうにない。視点をずらすとロシア人がいて、こちらはこちらで隣にいる少年が編み棒を握っているのが危なっかしく次のシーンを見ていられない。チャンネルを切り替えるが、切り替えるたびにこのチャンネルに戻ってきてしまう。まるで戻るの設計がまずいAndroidアプリのようである。そうこうしている間に事件は起こり、銃は撃たれ、三人の男は血だらけに、ロシア人の耳には編み棒が突き刺さり顔の半分が崩壊した。 ところでこのビルには侵入しているわけなので本来の持ち主の動向には気を配らなければならないのだが、そんな中一晩泊まるということになってしまい、ビルの奥に移動する。そこで行われるゲームは隠されたメッセージを読みとる何かのようだがかなり難解で、空間上の線分とカタカナの書き順と位置が何かを指しているらしいヒントはあるものの法則性がなくまず面倒である。夢のなかで解けるわけもなく朝方近くになって他のチームが得た正解の物理的な痕跡らしきものを発見し、これで正解がわかったかと思われたが、正解したチームはおれの近くにいたギャルっぽい女たちに恨みがあるらしく正解とみえたものは最後の一文字に手が加えられている。おれはそれに気づいているようで気づいていない。

勤務先がなにやらイベントを開催することとなり人を大勢集めた結果、生徒たちで体育館がまるまる一つ埋まってしまった。おれも午後からの出番で、ラジオDJのようなことをしなくてはならないのだけれど、(夢においてはおなじみの通り)打ち合わせを何もしていないのであれこれ頭の中でむなしくシミュレーションだけをしていた。午前の演し物が大きな舞台装置を使ったので、その片付けを手伝いにいったが、舞台裏への通用路があまりに狭くて驚いた。狭いというより低く、何かの階段の下をくぐらなくてはならず、そのコンクリートの圧迫感が凄まじい。おれは高校3年間こんな環境で過ごしたのか……と驚きであった(夢の話で、現実にはそんな建物知らない)。ともあれ昼飯は必要なので、ひとり食堂に行くと海沿いにあって、木のテラスとその向こうには遠浅の海が広がっていた。パスタ可何かを食べたと思う。帰りみちでひとりの女に会い、バタコさんって好きでしたか? と突然聞かれて、そんなわけないじゃんアハハハ、と慌てて答えたが、次の男がそういえば好きでしたね、などと答えているのを見、そういえばその女のあだ名はバタコさんではなかったなと気づいた。慌てて取り繕う必要もなかったのだ。

非常ぉーに恥ずかしいのだけど英会話に通いはじめた。もともと学校の英語は得意で(といっても高校レベルだが)話すのも余裕でしょとか思ってたがいざとなると何もできなくて震えが止まらない。クソ死ねよ座学だけでなんとかするわと思っても人と人とのコミュニケーションは、日本語の経験もないやつにはブートストラッピングができないのである。読み書きのできないやつを見下していただけにこれがコンプレックスでコンプレックスで折に触れておれを苛むので、金を払わないとコミュニケーションの練習が積めないのだと認めてしまってこの風俗通いを始めることにしたのだ。これはもう風俗にほかならないなと思う。あとすげー汗かく。痩せると思う。

【ネタバレ】ニューダンガンロンパV3

まだやってない人はやってからくるよーに。

まず何といっても議論スクラム。これが最高によかった。各章に一度ずつしかないのが残念なのだけど。最初にやったとき、フィニッシュが「私が……!」だったのにシビれた。音楽も盛り上がるし、これまでになく仲間とともに(敵としても、味方としても)議論している感じがあってよい。

youtu.be

これ見ると赤松さんの胸が強調されていることがわかる。

PS Vita でプレイしたけど、最初音声がひどくて、そのままで最後まで通してプレイは厳しかったところ、ネットに繋いだらパッチが降ってきて修正されていた。最初の終一の声からしてつらかったからな。主人公交代後、終一が帽子を外したときに「これはもういらないな」というようなことを言っていて、何か意味深なものを感じたけれど、ただ、アホ毛を隠すという演出上の事情だけだったのだろうか。何か赤松さんに隠しておかなければならないものがあったのだろうかとうがち過ぎてしまった。アホ毛=主人公という認知が明らかになっていて、おもしろい。

解決しなかった疑問といえば、図書館のあの地球儀は何だったんだろう? 劇中でとくに説明もなかったような気がするんだけど。あからさまに怪しいのでいつかなんか出番があるだろと思ってたが、壊れておしまいだった、ような……。

モノクマの声は、やってるうちに慣れるだろと思ってたけど最後まで慣れなかった。アニメもこの声らしいんだけどねー。最初のダンガンロンパをプレイしたときには、何だこの声わ!!! と思った覚えがあるんだけど。身体に染み付いちゃったのだな。

王馬-百田の事件は面白かった。どっちが死んだのか、最後まで全然わからなくてハラハラしたし、王馬が最期には本音を言った……かもしれない、と思えて、よかった。こいつは長生きしそう、と思って親愛度をMAXまで進めたものの、結局正体が掴めなかったキャラクター。それにしても人気あるよね。作品自体に女性ファンが多いらしく、久しぶりにpixivを開いてランダムに漁っているが、絵にキャラクターへの愛を感じて、どれも好きだなー。

天海くんの部屋のドアを見たときは、おどろおどろしくて超高校級の殺人鬼か? と思ったけど、違ったね。二度もこんなコロシアイに参加させられているのはあわれ。しかし視聴者からすると面白いだろうな。何度も勝ち抜いてきた参加者もいたりして。

最初の事件-最後の裁判もアツかった。考えると結局二度のどんでん返しがあったわけか。赤松さんは可愛かっただけに惜しまれる。ヒロインなしの主人公。

この状況を救済しますか? はカッコ良かった。そのあとすぐに絶望的な真実の暴露が続くので感激も萎えてしまったのだけど。最後がめちゃくちゃになるのはダンガンロンパお家芸で、今回も期待を超えてくれたので、よいことにはよい。

裏ルートは結局一度も発見できなかったな。そんな余裕はなかった……。どちらにしろストーリーラインは変わらないということだけど。偽証したときに王馬がふーん最原ちゃんもそんなことするんだ……って感じのことを言ったのにゾクッとした。ゲームのいちシステムとして利用していて、キャラクターたちにはばれてないだろうと思っていたのが見透かされた感じ。嘘、というのが今回のテーマで、その意味でも王馬は生き残るだろうなという見込みはあったよね。

なんとなく感想を書くのにネタバレを気にしがちなんだけどホントまったく意味のない気づかいでただ自分を縛っているだけ(気づかいとはそういうものだが)なのでやめよう!